Los Verdes Golf Course (Rancho Pales Verdes)

ロス・バーデス・ゴルフ・コース
Los Verdes Golf Course (Rancho Pales Verdes)

格安で楽しめる絶景海沿いゴルフ!

所在地: カリフォルニア州ランチョ・パロス・バーデス(ロサンゼルス南・エリア)
OCからの距離:45マイル(1時間)
オープン:1964年
プレー日:2020年7月28日(火) 14:20 スタート
プレーフィー:38ドル(乗用カート使用の場合は47ドル)
ウェブサイト:https://www.losverdesgc.com

コースデータ

  全長(ヤード) コースレート スロープ
Black 6617
72.2
126
Middle 6234
70.4 122
Forward 5772
68.1
117

コース評価

総合評価
戦略性
メンテナンス
コスパ

ロサンゼルスの南の半島の突端、ランチョ・パロス・バーデスにあります。アーバインからは45マイル。道が空いていれば1時間ほどで到着。海の見える高級住宅街の丘にある最高に眺めの良いコースで大変人気があります。特に後半は眺めがよく、海に向かって打ち出す11番ミドルなど美しいホール多数。シグナチャーホールの15番ミドルのグリーンは絶景です。午後はここで写真を取ると逆光になりやすいので、16番ティグラウンドからの方がいいかもしれません。


最高にきれいな15番グリーン

この半島は寒流の海に突き出ているので曇っていると夏でも肌寒く感じるほど。季節にかかわらず上着を持って行った方が良いと思います。


右ドックレッグの14番ミドル

手頃な料金

ゴルフ場が山ほどあるLA近郊でも、海に面したゴルフ場は数えるほどしかなく、そのほとんどが高級コースで150-300ドルのプレーフィーを取られます。しかしこのコースだけは市営コースのため非常に良心的な料金でラウンド中に絶景を楽しむことができます。この日は午後2時20分のスタートで、歩いてまわったのですが大人は38ドル、うちの娘に至ってはSCGAのジュニア会員用ゴルフパスという年会費60ドルの子供用パスを持っていたので、なんとわずか3ドルでラウンドさせてくれます。子供のゴルフ環境の良さは日本とは比較になりません。


左ドッグレッグの1番ホール

予約

予約サイト等にはここのコースはリストされていないので、コースのWebサイトから予約します。予約手数料はかかりません。このコースは最大5人でラウンドさせるのですが、ウェブサイトで5人を選択すると予約できないという変なサイトです。5人の予約が必要な場合はコースに電話したほうが良いでしょう。
ちなみに2020年7月現在、コロナ禍で1組4人までで10分間隔のラウンドに制限されています。予約はプレー日の1週間前の、平日は現地時間の朝6時から、週末は朝5時からサイトで受け付けています。私は火曜日の予約を取るために前週の火曜日朝6時ぴったりに予約を試みましたが、料金が下がり18ホールプレーできる午後3時からのトワイライトのティータイムは瞬間蒸発、何とか2時台の予約をすることができました。しかしわずか1-2分で午後4時くらいまでのスタートはなくなってしまいました。現在はスタート間隔が10分になってプレー可能な人数が減っている事も原因かもしれませんが、以前よりも予約は格段に難しい感じがします。

スポンサーリンク

ちなみにウェブ予約が普及する以前はコースに並んで予約するのが通例で、夜中の暗いうちから行列が出来ることで有名でした。

グリーン周り

グリーンはなかなか速いです。あとこのコースの特徴として、海に向かって見えない芝目があります。それを知っていないとラインを読み間違えます。


16番グリーン

メンテナンス

メンテナンスは良くないです。特にフェアウェイとラフ。芝が薄く、雑草も多いです。グリーンはかろうじて許容範囲。ここのようにいつも混雑しているコースはむしろ料金を上げて、その分メンテナンスに注力すべきだと思うのですが、料金改定はいろいろとしがらみもあって簡単ではないんでしょうね。


打ち上げの8番ミドル

サービス

クラブハウスは古くて簡素。練習場もあまり広くはなく、当然マットの上からの練習になります。


簡素なクラブハウス

周辺情報

コースのあるパロスバーデス半島は非常に眺めが良く、半島をぐるっと回る海沿いのドライブコースは絶景です。豪華な住宅地やリゾート施設もあります。Terranea ResortのCatalina Kitchenは金曜夜のシーフードのバフェがとても美味しいです(現在はコロナ禍で休止中)。

また近隣のSouth Bayエリアは日本人が多く、Torrance市、Gardena市には日本食スーパーやレストランが多数あり、カフェ、蕎麦、焼肉、焼き鳥、居酒屋から高級鮨店まで何でも食べられると言っても過言ではありません。ラウンド後に焼き肉、焼き鳥、居酒屋などで美味しい生ビールを飲むのは最高ですね。

ラウンドメモ

日本に帰国が決まった友人の送別ゴルフ。10歳の娘も同伴。娘はこの日レディスティからプレーして48-51=99で回り、初めて100を切りました。大人になってからゴルフを始めた自分は100切るまでに2-3年はかかかったと思うので、子供の成長スピードには圧倒されます。

以前のプレー

2020年6月8日(月)
6歳からゴルフを始めた10歳の次女とのラウンド。私は右ヒジ痛(テニスヒジ)の影響もあってスイングはバラバラ。もう前半でプレーは止めてあとは娘のキャディ役に徹しました。一番ビューの良い15番ミドルで彼女はパーを取ってとても喜んでいました。

2018年2月11日(日)
日本から来た旧友とその連れとのラウンド。切り返しのタイミングを変えようとここ2週間ほど練習していったのですが、それが完全に裏目。自己流のスイング改造は駄目ですね。旧友からの「もっとフルスイングをしろ」とのアドバイスの方が的を得ていたかもしれません。

2017年11月22日
10年ぶりくらいにプレーしました。
海沿いの高台、高級住宅地の中にあり、市営のパブリックコースとは思えないほどの景観を誇ります。特に後半の10番から16番は眼下に海を見ながらのホールがあり、非常に素晴らしい。ハイライトは絶景を誇る15番グリーンでしょう。私がラウンドした夕刻にはクラブハウスで結婚式を挙げたカップルがここで写真撮影をしていたほどです。

距離はブルーで6617ヤード(72.0/124)、ホワイトで6234ヤード(70.3/120)です。かなりのアップダウンがあり、歩いて回ったので平坦なコースの1.5倍は疲れました。大きな木が両サイドにあり(隣のホールとの距離が近いため、木がないとボールが飛び込んできて危ない)、そこに打ち込むと低いボールで出すだけという状況も多発。

しかし、問題はあまりに混んでいて、ラウンドに非常に時間がかかること。5人でプレーさせているのも原因です。この日は日没まで5時間あったにもかかわらず、16ホールしかプレーできませんでした。何しろ前半9ホールは毎ショットごと待たされ、3時間かかりました。後半はややスピードアップし、日没ギリギリまで2時間プレーしたものの結局16番で終わり。眺めの良い後半を楽しみたいなら日没の6時間前にはスタートする必要がありますね(平日はもう少し空いているかもしれません)。

コンディションはグリーンは許容範囲ですが、フェアウェイ、ラフは芝が薄く(しかもコース全体に地面が固い)、はげたところも多く、状態が良くありません。フェアウェイには修理地も多数ありました。しかもラフの外側はほとんどベアグラウンド。ちなみに全てのグリーンは海に向かって芝目が強くボールが切れていくので、傾斜以上に注意する必要があります。

現在はオンラインの予約システムが構築されたため、昔のようにクラブハウスに夜明け前に行列なんてことはなくなりました。おかげで予約はずいぶん取りやすくなりました。料金も週末のトワイライトで、歩きだと23.75ドルと格安。

2003年頃
Rancho Palos Verdesにあります。海の見える高級住宅街の丘にある最高に眺めの良いコースで大変人気があります。アウトよりインの方がさらに眺めがいいです。海に向かって打ち出す11番ミドルなど眺めのいいホール多数。バックティからだと6617ヤード(パー71)なので距離もそこそこあります。

しかしとにかく予約が大変で、週末の予約を取るために夜中から人が並び出すので有名です。近隣の韓国人グループが大勢プレーしているようですね。それでも週末の午後3時以降ならなんとかもぐりこめます(それだと眺めの良いインがあまりプレーできないのが難点)。ただでさえ混んでいるのに、5サムでプレーさせるので、プレー時間もハーフ2時間半はかかるでしょう。でも日が長い頃なら、なんとか18ホール回れるかもしれません。

プレーフィーはトワイライトだと週末でカート込みで28ドルくらいととにかく安いです。メンテナンスが今一つなのは混みすぎのせいだと思います。料金をもう少し上げれば混雑も緩和されると思うのですが・・・

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です