マイル・スクエアGC 「ザ・プレイヤーズ」 (ファウンテン・バレー)

Mile Square Golf Course, The Players (Fountain Valley)

比較的空いており、料金も安いチャンピオンシップコース!

所在地: カリフォルニア州ファウンテン・バレー(オレンジ・カウンティ(北)・エリア)
Irvineからの距離:5マイル(10分)
オープン:1969年 (The Players は2000年オープン)
プレー日:2018年3月18日 14:45 スタート
プレーフィー:28ドル(乗用カートは15ドル追加)
ウェブサイト:http://www.milesquaregolfcourse.com/

コースデータ(The Players

  全長(ヤード) コースレート スロープ
Championship (Blue) 6759
72.2
125
Regular (White)  6334 70.5
 122

 

コース評価

総合評価
戦略性
メンテナンス
コスパ

Fountain Valleyにあります。Irvineからは5マイル。何よりも近いのが良いです。トワイライトの時間帯は割と空いているし、安いし、コースのメンテナンスも悪くないので、ちょっと軽くプレーするにはおすすめです!

2000年に古くからあるコースに18ホールが追加され、36ホールのコースになりました。本格的なチャンピオンシップコースであるThe Playersと大きな樹がクラシカルな雰囲気を醸し出すThe Classicの2つのコースがあります。私はThe Playersの方が広々していて好きです。

The Playersは平坦ですがが、広々として豪快に飛ばしたい人に向いています。大きな池が効いているホールもいくつあり、面白いです。上がりの2ホールはかなりタフ。

唯一の問題は平日のトワイライトの時間だと、Irvine方面からはフリーウェイ405号線の大渋滞エリアを通って行かなくてはいけないことです。空いていれば10分で着く距離が、ヘタをすると30分以上かかってしまいます。Irvine方面から行く場合は、渋滞回避のルートとしてBristol St.を北へ、Warner Aveを東に走ったほうが良いと思います。

スポンサーリンク

手頃な料金

予約サイトGolfNowなどではコースの登録がないため、コースのWebサイトから直接予約します。手数料はかかりません。トワイライトの時間帯になるとグッと料金が安くなります。土曜日夕方に翌日の予約をトライしたところ14:45で取れました。日曜日のこの時間だと歩きなら28ドルです。

実際のスタートは15分ほど遅れましたが、前半、後半とも約2時間でスムーズにラウンドでき快適でした。スタート時はポカポカ陽気でしたが、夕方5時以降は3月だとかなり肌寒くなります。

メンテナンス

OCのパブリックコースは、1年を通じて高い頻度でラウンドされるので、高級コースでない限りメンテナンスはイマイチ~最低のレベルのところが多いのですが、このマイル・スクエアは比較的良好だと思います。グリーン、フェアウェイ、ラフ、バンカーとも中の上レベルでメインテナンスされています。

サービス

練習場はマットの上からの練習となります。

クラブハウスはシンプルで、ラウンド後にテラスでビールを飲むと落ち着きますが、早めに閉まってしまうので、あまり日没ギリギリのトワイライトだとビールを飲み損ねます。

ラウンドメモ

この日はドライバーが絶不調。特に後半はチーピンが多発。一方、SWの短いショットは両手の三角形をキープするイメージで良いショットが多く出ました。あと左足上がりのライからのSWは私は苦手ということが判明。

以前のプレー

2017年5月22日
2016年からほぼ毎週のようにトワイライトでプレーしています。2015年までは自宅近くのRancho San Joaquin GCがホームコースだったのですが、月次会員制を導入して以来、あまりの混雑ぶりに回る気が失せてしまいました。一方、このMile Squareは料金は歩きで23ドルと格安にも関わらずトワイライトは非常に空いていて4時間ほどでラウンド完了できます。メンテナンスもRancho に較べると格段に良く、実にお買い得なコースです。

2016年8月3日
最近、家の近くのRancho San Joaquin GCがあまりに混んでいるので、ちょっと足を伸ばして、久々にプレーしてみました。当日でも午後4時過ぎのスタートが難なく取れました。前半は2時間かかりましたが、後半は1時間50分ほどで、全く詰まることなくプレーできました。芝のコンディションもRanchoよりも遙かにいいし、料金も歩きで23ドルとRanchoと4ドルしか変わりません。

2007年8月10日
フルバックで6759ヤード(72.3/125)、レギュラーティで6334ヤード(70.5/119)です。平坦ですが、大きな池が効いており、18ホール中9ホールにウォーターハザードが絡んで、なかなか戦略的です。

コンディションも割と良く、何と言ってもアクセスが最高に良い。そしてトワイライトだと30ドル以下で回れるという最高のコストパフォーマンス。いつも混んでいること、マナーやルールをよく知らない初心者も多いことがやや難点ですが(特にトワイライトではそういう輩と組まされることも多い)、それを除けば、手軽に安くて、本格的なラウンドが楽しめるというとてもいいコースです。

2000年10月
このThe Playersは2000年9月にオープンしました。そのためコンディションはなかなか良かったです。でもグリーンは遅かったので、最初とまどいました。ラフはきつい方です。レイアウト的にはアップダウンはほとんどなく、平らに近いです。街の中のコースにしては広々として思いっきり飛ばせます。バックティからで6,759ヤードあります。樹木はまだほとんどありません。大きな池が随所にありますが、グリーンに池が迫っているホールはあまりないです。料金は週末のトワイライト(午後3:30以降)で30ドル(プルカート)なのでお得です。3時45分のスタートだったのですが、非常にスムーズにプレーでき、4時間で18ホール回れました。     

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です